2005年11月30日

女の一代記シリーズ、やっと見ました。

11月24、25、26日と三夜連続のドラマ、録画していて、
やっと見終わりましたわよ。
第一夜、瀬戸内寂聴(宮沢りえ)
第二夜、越路吹雪(天海祐希)
第三夜、杉村春子(米倉涼子)
女の一代記と聞いて、なぜか悪女的でドロドロな話を期待してしてしまってたけど、
そんなことはなく、戦前から昭和を生きた女性達の人生を描いた
伝記ドラマだったわ。
寂聴が一番、ドロドロしてたかな?
不倫、DV、離婚、子捨て、自殺未遂などネガティブな内容だったかもね。
宮沢りえと中村勘太郎の共演は、どうしても勘太郎の父・勘三郎とりえとの
不倫報道を思い出してしまったわ。
今度は息子?!みたいな…
越路吹雪は、女の友情や堕胎はあったものの幸せな結婚、歌手としての成功など、
いいイメージの話だったわ。
杉村春子は、米倉がとてもよかったかな。3話の中で一番よかったかも。
題名も「悪女の一生」と堕胎、不倫とかいう場面もあったけど、
それほど悪女には、思えなかったわ。

3人とも、子供には恵まれなかったというか、
母として生きることがなく、小説家、歌手、女優と成功し、
自分の人生をつき進むには、
やはり子供がいては無理なのかな?と少々思ってしまったわ。

父と暮せば  天海祐希/光源氏写真集千年の恋  Digi+girls(no 2)  


それにしても主題歌、中島みゆきの「命のリレー」はインパクトあったわね。

【中島みゆき】転生
芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。