2005年10月12日

女優の気になる出演料。

「女性自身」立ち読み情報です。

1本(連続ドラマ1クール10〜12本です。)
☆200万以上クラス
松嶋菜々子(産後復帰作・救命病棟24時は、1本300万以上だったとか。)
山口智子(いまだにそんなに人気あり?
      実家倒産の件もあるし、近々ドラマ復帰間違いない?!)
中山美穂(産後の復帰が楽しみねだわ。)
小泉今日子
☆150〜200万クラス
薬師丸ひろ子(今クール「1リットルの涙」に出演、
         主演は沢尻エリカだけど、新人なので、
            私がギャラをいただくわって??)
田中美佐子(今クール「ブラザー☆ビート」で久々のドラマ復帰。)
黒木瞳(今クール、日曜ドラマで主演。もう1ランク上かと思ってたわ。)
観月ありさ(今クール「鬼嫁日記」で鬼嫁を演じる!)
菅野美穂(今クール「あいのうた」で主演。)
伊東美咲(今クール「危険なアネキ」で主演。
         「電車男」のブレイクと映画「海猫」での大胆演技が認められたとか。)
高島礼子
天海祐希(「女王の教室」のブレイクで次回作は1ランクUPの可能性があるとか。)

そしてなぜか離婚後価値があがったという3人もこのランク。
和久井映見
高岡早紀
奥菜恵

☆100〜150万
内山理名(今クール「大奥〜華の乱」にて藤原紀香を抑えて主演。
         あら?紀香のランクは見逃してしまったわ。
                  でもこのランク以下みたいよ。)
国仲涼子(今クール「ブラザー☆ビート」で田中美佐子と共演。)
瀬戸朝香(今クール「今夜ひとりのベッドで」で奥菜恵と共演。
          奥菜より安いのね・・・)

主演だけど新人の沢尻エリカや、「野ブタをプロデュース。」の堀北真希は、
まだ50万クラスとのこと。

主に今クールの出演者を中心に書きました。
あなたの気になる女優さんが出てなかったらごめんなさい。

杉田かおるがNHK大河「功名が辻」の出演を断ったのは、
拘束時間が長い割に1本30万のギャラだからだとか。
杉田のバラエティ出演料は、1本70〜80万らしいのよね。
女優としての名声よりお金をとった杉田、まだまだ物入りなのかしらん?










芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女優

クイズ!ヘキサゴン 最終回

本日2時間SPで最終回となってしまっていたわ。
今は、18人の解答者が6人ずつ、3チームに分かれて熱いクイズバトルを繰り広げ、
第1〜第3ステージの総合得点により優勝チームを決定するというスタイルだけど、
もともとのスタイルは、クイズに答えるだけでなく、出演者同士がお互いの腹を探り合いながら
クイズ&トークを繰り広げる新型クイズ番組だったのよね。
島田紳助がたくみな話術で出演者の素顔を引き出しながらクイズの駆け引きを盛り上げる
ところが最大の見所だったのに、
今のスタイルも紳介のトークは少し引き継いでいるけど、
なんか安いタレント、芸人たちを18人集めて、
誰が一番バカなの?って感じのつまらない番組に成り下がってしまったのよね。
スタイルを変えた経緯を夫人は、知らないのだけど、
前の心理作戦というテーマが新しくてよかったのに、
全然違うスタイルになってしまって、
紳介が暴力事件で休業した時も続いていただけに、
とっても残念だわ。
ほんと今のスタイルは、苦し紛れって感じだったから、最終回も納得ね。

芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ

杉原千畝物語・六千人の命のビザ

あらすじ
65年前、リトアニアでナチスドイツと同盟し、
軍国主義への傾斜していく外務省の命令に背き、迫害されていたユダヤ人難民に
ビザを発給し、約6千人もの命を救った外交官・杉原千畝を描く。

昭和10年、外交官の杉原千畝(反町隆史)は、幸子(飯島直子)と出会い、結婚。
長男が生まれて2年後フィンランドの日本公使館勤務となり、妻子と妻の妹とともに旅立つ。
その後新設されたリトアニア領事館へ転属しソ連の情報収集の仕事が与えられた。
昭和15年、ポーランドから逃れたユダヤ人難民が領事館前に集まり、日本を通る
ビザの発行を願い出た。
杉原は家族に危険が及ぶかもしれないことを心配しながらも、
目の前の困っている人を助けたいと思い、外務省の命令に背き、ビザの発給を決めた。
ソ連軍の警告も聞かずにビザを発給し続けた杉原は、
難民全員のビザが発給できないまま、国外退去させられてしまう。
その後日本は、太平洋戦争に負け、杉原一家は、帰国する。
しかし、ユダヤ難民から賄賂をとってビザを発行したという噂が流れ、
杉原は外務省をクビにさせられる。
そんな中、次男が白血病で他界し、妹も亡くなる。
外務省に恨みごとひとつもいわない杉原。
それから20年がたったある日、イスラエル大使館から電話が入り、
当時ビザを発行し救ったユダヤ人と再会し、
心からお礼を述べられた杉原であった。
その後1985年、イスラエル政府からその功績をたたえられ、
86歳で他界する。
2000年やっと外務省より「勇気ある人道的行為を行った外交官」として
汚名をはらすに至った。



日本のシンドラーとも呼ばれる杉原千畝。
初めて知った夫人で、お恥ずかしい限りです。
人道主義を貫いた杉原の勇気ある行動を反町隆史がうまく演じていたわ。
こういう役も上手にできるのね。
妻役の飯島直子もナレーションも担当し、いい演技してたと思うわ。
なんか歴史を勉強したような気になったドラマだったわ。


六千人の命のビザ新版

芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ

ドラマ「鬼嫁日記」スタート

ご存知人気ブログ「実録鬼嫁日記」がドラマ化。
鬼嫁に観月ありさ、そしてしいたげられる夫カズマにガレッジセールのゴリ。
「ナースのお仕事」のように観月のコメディドラマは、
安心して見れるというか、何も考えないで、リラックスして笑いながら見れるので
好きな方なのよね。

人気ドラマ「アットホームダッド」の街を舞台に、
プロデューサーや脚本家も同じで、
登場人物も、健児(永井大)・冴子(滝沢沙織)が同じ役柄で続投している。
夫人的には、川島なお美も出てほしかったわ。
宮迫や阿部寛のゲスト出演も期待してしまうわよね。

ゴリの演技はいかがなものかと思ってたけど、
そんなに悪くなかったわね。
やはり観月もいい感じ。
第一話は、「食べ物の恨み」を中心に、
食い意地がはった鬼嫁を描いてたけど、
カズマ(ゴリ)がほんとうにかわいそうに思えてきたわ。
夫人も自分のことを鬼嫁の部類だと思っていたけど、
夫人なんて天使かもよ。
鬼嫁に子供の前で悪口言われて、あごで使われ、
追い掛け回されて、しかも鬼嫁の母にまで虐げられて・・・
それでも家族が好き、愛しているっているドラマになるんだろうけど、
本当にお気の毒なカズマだったわ。

でも面白いので、続けてみるつもりよ。

その他に今クール夫人の見る予定のドラマです。
・大奥〜華の乱
 女のドロドロと時代ものが好きなのよね。豪華衣装も楽しみよ。
・野ブタをプロデュース。
 やはり山下くんと亀梨くんがでるから。
・花より男子
 漫画は読んだことないけど、F4っていう美男子軍団が気になるのよね。

実録鬼嫁日記野ブタ。をプロデュース花より男子(1)

芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。