2005年10月10日

涙そうそう〜この愛に生きて

TBSのが涙そうそうプロジェクトの第3弾で、視聴者から実際にお手紙をいただいたものを
橋田賀子が脚本を担当し、黒木瞳主演で女系3世代のそれぞれの生き方を描いたドラマ。
黒木が60代と20代を演じ分けるのも見所。

あらすじ
未来(上戸彩)が交通事故にまきこまれ、同乗していた最愛の男性が死亡。
自分は生き残ったが、お腹には彼の赤ちゃんがいた。
最愛の男性の思い出と生きていこうと、この子を産む決意をする未来だが、
両親は大反対。
母(賀来千賀子)自身が、父親のいない子として育ち、寂しい思いをしたからだ。
未来は、同じ立場だった祖母(黒木瞳)のもとへ相談にいく。
祖母は、自分の半生を振り返りながら、どのように娘を育てたか、
また自らが愛した男性について未来に聞かせる。
いろんな苦労もあったが、
若い頃に愛した人の思い出を支えに生きた母に、
未来は、自分のそうなりたいと思い、
祖母と両親を説得し、祖母と同じ道を歩むことにする。

結婚するとお互いのアラが見えて、嫌になってしまうことも
あるだろうから、
愛する人の思い出を支えに生きていく祖母(黒木)の姿は素敵だったと思ったわ。

たださすがの黒木瞳も20代の若い娘を演じるのは、少し苦しかったかも!?
逆に60代は、素敵なおばあさまって感じで、よかったわ。
橋田ファミリーの泉ピン子もよかったし、
脇を固める俳優陣も有名どころでなかなか見ごたえがありました。
ただ黒木の相手役の平岳大って俳優はどこからきた人なのかしらん?
もっと有名なイケメンをつかってよ〜。
って調べてみたら、平幹二朗と佐久間良子の息子だったわ。

公式HP





芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 17:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ

女子アナの結婚 勝ち組・負け組

最近のダントツ勝ち組トップは、フジテレの千野志麻アナ。
故福田赳夫元首相の孫でヒルズ族のリーマン・ブラザーズ証券の社員との寿退社を決めた。
最近は出番が日曜朝の旅番組『晴れたらイイねッ!』1本で、
異動か退職しかないといわれていただけに、セレブ族への転身は一発逆転の大勝利という。
その逆に最近負け組に転落したのが、元日テレの大神いずみ。
夫の元木大介・巨人内野手が今季で引退するため、年俸1億円がフイになるという。
ただ大神は今妊娠中だけど、また復帰するだろうし、元木もタレントに転身するので、
勝ち組の復活の展望はありそう。

女子アナになれたことで、すでに人生の勝ち組だけど、
やはり女は結婚なのかしらん。
結婚が本当の人生の勝ち負けを決めるのかしらね。

ちなみに現在の勝ち組は、
元TBSの福島弓子(年俸12億円のイチローの妻)
元フジ中村江里子(フランス人の実業家の妻)
元フジ有賀さつき(フジの和田解説員の妻)
元日テレ柴田倫世(西武の松坂投手の妻)

勝ち組・予備軍
フジ内田恭子(東証2部「テイクアンドギヴ・ニーズ」の創業社長)
元TBSアナ香川恵美子(カージナルスの田口壮が大リーグで期待以上な大活躍?!)

負け組
フジ福元英恵(結婚→出産後も辞めないのは、夫が年俸の低い楽天の福盛和男だからとか)
元テレ朝の徳永有美(夫のウッチャンナンチャン内村光良が落ち目)
元フジ河野景子(すったもんだありずぎの貴乃花親方夫人)

でもこの負け組も、一発逆転はありえる旦那様だわよね。
勝ち組もいつ、大神いずみのように転落するかもしれないし、
これからも女子アナの結婚に注目したいわ。



芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 16:55 | Comment(3) | TrackBack(3) | アナウンサー

熱すぎる?!原監督

巨人軍の監督に就任した原辰徳。
「愛情と情熱をもってチームを指揮していく」とか。
最初に、監督に就任した時のテーマも「ジャイアンツ愛」。
松岡修造より熱いかも??
でも「ジャイアンツ愛」で優勝に導いたのだから、
「愛情と情熱」でも奇跡が起こるか!?
芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ

巨人・元木がタレント転身で慌てる宮本

元巨人軍のタレント宮本和知が同じく後輩の元木大介のタレント転身で
大慌てしているとか?!
現役時代の宮本はチームを盛り上げる“宴会部長”といわれていて、
元木とモロにキャラがかぶるのだとか。
元木は読売系列の日本テレビと報知新聞で野球評論家になることが有力視されているそう。
ただ、最近はどこも評論家が余っている状態で、専属になれる保証はない。
元木は、夫人でタレントの大神いずみが所属している芸能事務所から仕事を回してもらうことも
考えているようです。
一方、宮本は97年に引退し、明るいキャラクターを買われてタレントに転身。
しかし、98年に司会を務めた昼の情報番組「宮本和知の熱血!昼休み」(TBS)は
視聴率1%台とボロボロで6カ月で打ち切られてしまった。
その後、宮本はドラマの脇役や通信販売のテレビ司会といった地味な仕事を続け、
最近は「ズームイン!!サタデー」「スポーツMAX」(ともに日本テレビ)といった
スポーツ番組でレギュラーを務めるなど、再び盛り返してきたところだったという。
そんな矢先にライバル出現ですからね。宮本の心中は穏やかじゃないのでは、ないかと。

元木はいつ、引退してタレントになるか時間の問題だと思ってたので、
やっぱりタレントかぁと思ったわ。
甲子園の星で、巨人に入るときもドラフトですったもんだあり、一浪してからの巨人入り。
最初の頃は、スタメンで活躍もしたものの、ここ数年は、ピンチヒッターでしか
出場できず、もっぱら仕事は、ベンチの盛り上げ役だけ。
私生活では、今やハイドの妻・大石恵との熱愛を経て、女子アナ・大神いずみとの結婚と
ちょっとチャラチャラしてるところが、とても嫌いなのよね。
男前の部類らしいけど、夫人には、生理的に受け付けないタイプなのよ。
だからこれから、TVにどんどん出てくるとなると、
宮本よりも夫人の方が慌てるわよ。宮本より憂鬱な夫人よ。
どうしても苦手な顔と存在なのよね〜。
元木はバッグに大神いずみの事務所もついてるし、
目新しいのがあるから、最初はTVに引っ張りだこだろうから、
宮本もほんとおちおちしてられないわね。



芸能人・人気blogランキングへ
posted by 夫人 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。